企業でも評判のいいIP電話を知っておく!

女性

ビジネスシーンに最適

ビジネスシーンで利用される大型の複合機はリース契約を結ぶのが一般的です。リース契約の料金には本体のレンタル代と保守費用が含まれています。それに加えて、カウンター料金と呼ばれる印刷枚数に応じた料金が加算され毎月の料金が決まっていきます。大きな経費の増減無く利用が出来るのが大きなメリットです。

コピー機のインク

東芝のトナーは純正品とリサイクル品が販売されており、それぞれメリットが異なるため、使う環境に合わせて選ぶことがポイントになります。リサイクル品のトナーは純正品と比べて価格が安いため、大量の印刷をするときに適しています。

固定電話契約を見直す

婦人

コストメリットが大きい

家庭で使用する電話機はかつては固定電話としてNTTなどの回線業者と直接契約する方式を利用している人が多かったのですが、ランニング費用が掛かることと、初期導入費用として権利費用が多額にかかるなどのネックがありました。しかし最近この電話方式を利用する人は少なくなっています。携帯電話などの普及に加えて、光回線を利用する場合には、光電話を利用することができるようになっているからです。IP電話もその一つです。電話番号なども固定電話と変わらないものを選択できるなどデメリットが存在しないのが特徴になっています。その上料金が安いなど導入するメリットは非常に大きいのです。IP電話は、家庭だけでなく企業でも導入されています。コールセンターなどで利用されている電話機システムは、INSなどの回線契約になりますが、端末に繋がっている電話機はすでにIP電話です。料金面でコスト削減をすることができるためです。ビジネスフォンなどまだIP電話導入に至っていないケースも多々ありますが、これを導入することでビジネスでかかる通話料や固定料金を大幅に短縮することができます。今使用している電話番号を変更することが余儀なくされるケースもあるため、タイミングは難しいのですが、コストメリットが非常に大きいなどコスト削減に大きく寄与するのです。そのため、IP電話導入に積極的になっている企業も数多くいるのです。契約本数が多いため、数百万円のコスト削減になるのです。

導入コストがとにかく安い

中古コピー機導入の最大のメリットは、初期費用を抑えられることです。新品をリースした場合は最低でも月額1万円近くかかります。その点中古コピー機は数万円で購入が可能で、即日使用可能です。導入の初期費用を抑えたい人やサブ機として使いたい場合などはオススメと言えるでしょう。